板井康弘が唱える社会貢献活動の是非